FC2ブログ

趣味るが勝ち!

気ままな、趣味のブログです。最近はカメラ&撮影にハマっています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランセンドのオーディオプレーヤー「MP870」を購入

数ヶ月前に、同じトランセンドのDAP「MP350」を購入したことを書きました。
で、そんなに経たないうちにまた?という感じですが、
訳ありで「MP870」を購入してしまいました(^-^;


実は、MP350のレビューを書いて1週間もしないうちに・・・、
・・・やらかしてしまいました(-.-;

寝室から持ってくるときにパジャマのポケットに入れてきたのですが、
そのまま忘れてしまい、気が付いたのは洗濯された後でした(^-^;

嫁さんが「洗濯機から音がすると思ったら、こんなん入っとった~~」と持ってきて、
変わり果てたMP350の姿と対面したわけです。(いや、姿はそんなに変わってないんですけどね)

防滴仕様のさすがのMP350も、洗濯機でゴロゴロ洗われたらご臨終でした。

・・・ですが、MP350もたいしたもので、
何と動くんです!!


バッテリーだけが逝ってしまったようで、電源に繋げながらなら動くんです。
ですが、そうだと「ポータブル」の役割は果たせないので、
一旦MP320に戻っていました。一応使えるので。
やっぱりMP320は使いやすい!・・・と使っていたのですが、やっぱりバッテリーが(^-^;

悩んだあげく、新しいDAPを買うことにしたわけです。

当初、MP330に(ダウングレード?)しようかと思ったのですが、
MP870の方が、
・画面が大きくて情報量が多いこと
・操作性が多分MP320に近いだろうということ(MP350と比べてね)
・スピーカーがついていること
などで、MP870購入を決めました。

多少大きいのですが、
よく考えたら、私の使い方ではそれほどの携帯性は必要ないと考えました。

長々書きましたが、今回はMP870の購入報告です。




MP870パッケージです。
以前は4GBモデルもあったようですが、今は8GBモデルのみ。
ブラックとホワイトの2つのモデルがあります。
今回私は、ホワイトモデルにしました。訳は後ほど。

MP870は発売されてから結構経ちます。
新しい後継モデルって出るのでしょうかね。
気になるところですが、 MP320~MP350までの進化を見てみると、 それほどの劇的な進化を感じられません。
MP8xxシリーズもマイナーバージョンアップな感じなので、私は今のMP870でもよいかなと・・・。



内容です。
本体、取説、ストラップ、MiniUSBケーブル、オーディオケーブル、イヤホン、
そして嬉しいことに専用ケースがついています。



本体です。
もう電源ついてるの?ってな感じですが、画面にシールが貼られていました。
質感はいろいろ言われていますが、悪くないですね。
もちろん、お高い有名メーカーのDAPと比べると差はあるのでしょうけど、
必要十分な感じです。
縁にはシルバーのラインが入り、いいアクセントになっています。



画面シールをペロッとはがすと、画面はツルツル。
よく見ると、画面に1枚フィルムが貼られている様子。




右側面。
赤いボタンは、録音する時やメニューを出すときに使います。
その下がリセットボタン、そして操作をロックするためのスライドです。




左側面はいたってシンプル。
MicroSDカードスロットのみです。
そうです。このモデルはMicroSDが挿さるのですよ。これは超便利(^-^
内蔵メモリは8GBですが、それを越える容量のファイルを持ち歩けますね。
このモデルは動画も再生できるので、うまく使えそうです。




左から、LINE IN、MiniUSB、イヤホンジャックです。
USBは、充電やPC接続に使います。




裏面です。
スピーカーが付いています。
音楽を流しながら作業をすることがあるので、これは助かります。
洗濯機で洗ったMP350に電源を繋いでしばらく使っていたのですが、これでもうお役御免です。




付属のソフトケースを付けてみたところです。
このソフトケースは白の半透明のケースです。
今回ホワイトモデルを買ったのは、このためです。
ブラックのモデルにもこの白ケースが付いてくるので、
付けた感じが何とも気に入りそうになかったのです。
ホワイトモデルだと、あまり違和感がありませんね(^-^




さすが専用ケースだけのことはあります。
しっかりボタンにあった凹凸が付けられています。
有名メーカーの有名モデルと違って、サードパーティーのケースは期待できないので、これは嬉しいですね。




側面はこんな感じです。
スライドボタンは、穴があけられています。



下面。
嬉しいのは、ストラップ穴もしっかり使えそうです。

残念なのは、MicroSDスロットに穴があけられていないことです。
SDを入れるときは、ケースをずらして入れる必要がありそうです。




裏面にはスピーカーに穴があけられています。

表面も縁に少し厚みがあるので、裏向きにおいても画面が直に付きません。
このケースは本体を傷から結構守ってくれそうなので、いい感じです。



ボタンを長押しすると起動します。
アニメーションの起動画面が現れます。



上から、
音楽、録音、ラジオ
写真、動画、テキスト表示
ファイル検索、設定、情報

さすが、MP3xxシリーズと違って、画面が大きいとたくさんの情報が表示できてわかりやすいです。
情報量が多いということは、1つのボタンにいくつもの機能を押し込む必要もないので、操作もわかりやすい感じがします。




音楽再生画面です。
MP320では3行表示、MP330以降は2行表示なので、
それらと比べると圧倒的情報量です。




写真を表示させたところです。
これは最初から入っていた画像です。
画面は2.4インチ、320×240。
大きな画像を表示させるより、あらかじめ 320×240に縮小しておいた方がきれいに表示される感じがします。




いかがでしたか~~、MP870。
この豪華機能で、私は5000円ちょっとで購入できました。

音質は、いろいろ言われますが、決して悪くはないと思います。
イヤホンにも依るのでしょうね。
で、私はMP320からの移行なので、なおさら音質の不満はありません。

改善するなら・・・、
曲を選択したときの切り替わりの遅さですかね。
ボタンを押してから結構待たされます。
曲をたくさんつっっこんでいるからかもしれませんが。

総合的には、大満足です。
これからどしどし使っていきたいと思います。




こちら、洗濯してしまったMP350くんです。
こんなにきれいなのに、使えないやつになってしまいました。
MP870を手に入れた今では、本当に使い道が無くなってしまいました。
MP320は、USBメモリとして使えそうですが。(速度がムチャクチャ遅いけどね)



3つを並べてみました。
大きさでは、MP350が一番小さいです。
MP320はUSBコネクタの分大きいです。

MP870は大きいとはいえ、この程度。
ポケットに入れて持ち歩く場合はちょっと重さを感じますが、
私は置いて使うことが多そうです。

今度は洗濯しないようにして、大事に使いたいと思います(^-^



ブログランキング・にほんブログ村へ


      
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k1dunk.blog.fc2.com/tb.php/440-e85af8f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。