FC2ブログ

趣味るが勝ち!

気ままな、趣味のブログです。最近はカメラ&撮影にハマっています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富岡製糸場1・・・歴史を感じさせる建物

8月に、今話題の「富岡製糸場」へ行ってきました。

6月に世界遺産になったばかりで、
観光客が殺到しているとのこと。

今回行く機会があり、大喜びで行ってきました。


レンズはいろいろ持って行ったのですが、現地で出し入れする暇がなかったので、
SELP1650の1本で撮っています。

看板には「旧」がついています。
今は操業していませんので。




観光客の数は、聞いていたほどではありませんでした。
ですが、富岡自体はもともと大きな都市ではありませんので、
世界遺産になる前と比べると、比べものにならないくらい
人が集まっているようです。




富岡製糸場のシンボルマーク・・・




「明治五年」です。
もう140年くらい前になるでしょうか。



木骨煉瓦づくりという、珍しい造りです。



西繭倉庫。
空調のない時代、品質管理も大変だったことでしょうね。



西繭倉庫の裏。
現在この中は、おみやげコーナーや展示室となっています。








ここが繰糸場。
屋根の上には、暑い空気を逃がすための窓が並んでいます。




空調のない時代、繭を茹で上げていた繰糸場は、想像以上の暑さだったことでしょう。
窓が並んでいます。きっと暑いときには開け放していたのでしょうね。










これだけ大規模な工場は、当時の日本には無かったものです。
外国から技術者を呼び、当時の技術を結集して造られたのでしょう。
この後、日本各地に製糸場が造られ、生糸は日本の産業を支える輸出品となっていきました。

日本が近代的な道を歩みだした象徴ともいえるべき建造物です。
世界遺産登録は喜ばしいことですね。
是非残していってほしいと思います。



ブログランキングに参加しています。
よろしければ一押しを・・・(^-^
にほんブログ村 写真ブログへ

 
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ☆彡

メインの被写体が建物の場合ならSELP1650が大活躍ですね!!

それにしても富岡製紙場…いぃですね~~ッ!!
何だかロマンを感じます(*^^*)

  • 2014/09/28(日) 17:49:56 |
  • URL |
  • ちゅら #WGBkUabg
  • [ 編集 ]

ちゅらさん

1650が大活躍でした(^-^
広角側も結構広いですしね。
歴史的建造物は、「自分が立っているこの場所に、かつて昔の人も立っていた」感が感じられるのが好きです。
大満足でした(^-^

  • 2014/09/28(日) 19:40:42 |
  • URL |
  • ダンク #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://k1dunk.blog.fc2.com/tb.php/470-c58d329f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。